南伊豆を代表する2つの浜の物語

                                                        戻 る



南伊豆弓ヶ浜は 「日本白砂青松百選」「渚百選」に選ればれた景勝の地でもお馴染みですが
集落名は南伊豆町湊(みなと)が固有名詞となります

弓ヶ浜はその名の通り弓なりの
海岸線が1.2kmにわたって続き 白砂と浜に沿って松林 青い海
との調和が美しく
伊豆三大美浜の1つでもあり 2つの大賞を取った自慢の海岸でもあります

夏季は・・・弓ヶ浜での海水浴・逢ケ浜(おうが浜)での磯遊び・バナナボートなどでたくさんの人で
賑わいをみせます 夏以外のシーズンは・・・ウィンドサーフィン・サーフィン・カヌー・ダイビング・
フィッシング・ウォーキングなどで フルシーズンのレジャーを満喫することが出来ます

昔からの言い伝えによると 弓ヶ浜は白砂が優しい女性を表し 逢ケ浜の磯風景は男性を表すと
言われています 伝え話によると逢ケ浜は男女の密会の場所として表現されています

逢ケ浜は 潮が引くと歩いて渡れる「しゅうとめ根」 2つの島の間に波が砕けてスズメが鳴くような
声を出す「スズメ岩」 大きな洞門のある「えび穴」など 大小の奇岩があり白砂の弓ヶ浜とは違っ
た顔を持って人々を迎えてくれます

弓ヶ浜から見る景観は 正面に釣り人やダイバー憧れの 「神子元島」 6km先に浮かび 磯釣りの
メッカ トヨ根島・石取島・横根島と 沖合いには・・・利島・鵜渡根・新島・式根島・神津島 遠くには
三宅島・御蔵島も見ることが出来ます






冬の弓ヶ浜 夏の弓ヶ浜 青松林の道路 逢ケ浜 引き潮の逢ケ浜